HOME > プロフィール

少子化と言われる昨今、家庭以外での保育所保育指針の改訂の方向性として、乳児保育の充実があげられています。それは、安心、安全な生活を第一とした基盤にしながら、学びの世界を育むという視点が大切なのではないかと私は考えます。

ただ安全安心が保育の土台であることは、疑いのない事実ですが、それだけで終わってしまったら、保育ではなく、単なる預かりだと言うのが、私の考えです。


ありす保育園では、集団生活の中で、それぞれが個性を伸ばして、心豊かな人間として成長していけるよう、園舎ごとに独自のカリキュラムを組み、保育を行っています。


園庭や公園のお散歩、五感をフルに使えるような感覚あそび。感性を豊かに育む造形あそび。 自然に英語に触れる機会をもつ英語あそび。リズムを楽しむダンスなど、専門講師の方にも力をお借りして、お子様も親御さんも互いに高め合うよう配慮しています。

それぞれの発達に応じた環境を整え、子どものもつ可能性が最大限に開花出来るような保育、それが私の大いなる希望であり、理想です。

 

ありす保育園理事 坂田 ありす

名称 ありす保育園野口園/ありす保育園粟津園
代表者 坂田 ありす
所在地 加古川市野口町長砂997-3/加古川市加古川町粟津810-6シャーメゾンルナ102号
連絡先 野口園079-439-9423/粟津園TEL079-441-8186FAX 079-441-8189
職員 野口園 15名/粟津園 8名
人数 野口園0歳児3名・1歳児8名・2歳児8名/粟津園 0歳児3名・1歳児4名・2歳児4名
沿革 平成29年4月1日ありす保育園野口園開園
平成30年4月1日ありす保育園粟津園開園
教育方針 保育理念
・すべての子どもが健やかで心豊かに育つように努める
・子どもの伸びる力を大切に育てる
保育方針
●ひとりひとりの気持ちを大切にし、友達とのかかわりを通して意欲や優しさを育てる
●造形あそび、感覚あそびに力を入れ創造力や表現力を培う
●心の触れ合いを大切に安全安心できる環境を整える

お問い合わせはこちら